ジョギング効果

私のダイエット経験、お話します。

食事を制限したひもじいダイエットはグルメの私としては拒否反応がありました。
そこで試したのがジョギング・ダイエット。

食事は暴飲暴食は控え、毎日の晩酌を1日おきにかえた程度。
毎日、朝走ることにしました。

2ヶ月間走って体重15KG減、体脂肪8%減、目標10KG減を大幅に上まわり、

”大成功!!”

現在 ダイエットを始めて6ヶ月間たちましたが、リバウンドもなく体調もすこぶる良好 です。

2ヶ月で15KG減はちょっと無茶しましたが、運動による体質改善の効果なので、不健康とはいえません。
 ただ短期間に急激に減らすことはあまりおすすめできませんね。体に負担も大きいですからね。

皆さんはもう少しペースを押さえ週3−4日程度でどうでしょう。効果ありますよ。

ここでジョギング・ダイエットの精神について2つほどポイントを紹介します。

1.ゆっくり、長く走ること
2.辛くなったら、歩く/回復しなければその日は止める/足ひざにきたら数日休むこと


です。
意外と軟弱でしょ?

は、ゆっくり長くです。時間を懸けて”たらたら”と走るのです。
マラソンではないので、距離は問題ではありません。

長時間走って汗をかくことが大事なのです。

運動によるダイエットを試みる人は、まず意気込んで一気に効果を上げようとします。
ゆっくり走ることを意識しても、ついついオーバーペースになってしまうものです。
コツは、歩くスピードで走ること です。
効果でますよ。息切れなんてしませんし。
走るお相手がいれば、話しながら走れる程度がいいのです。気も紛れますしね。

走る時間は40分。よく 最初の20分は現状維持。残りの20分で脂肪燃焼 といいます。真偽の程はわかりませんが40分走ってみましょう。
30分ハイペースで走り3日坊主で挫折するのと、たらたら一週間40分づつ走るのとでは当然後者の方が効果ありです。
私は残り半月は、1時間走りました。

早く走ること、距離を走ることへのこだわりは捨ててください!
極端な話、前に進まずその場で跳ねていたっていいんですから。

の辛くなったら、歩く/回復しなければその日は止める/足ひざにきたら数日休むということです。

無理だ!辛い!大変だ!と思わせない ためです。
大事なのは阻害要因が無くなったらなるべく早く再会する意思を持つことです

走っているとよいこともあります。
1週間でも走ると、体から余分なものが落ちた気分になり、爽快な1日をおくれる ようになります。また走ることが楽しく
止められなくなります。ランナーズハイ なんでしょうね!

ジョギングの楽しさが辛さを忘れさせ、ダイエットを後押し、してくれます。

こうなったらしめたものですね!

ダイエット方法の選択

ダイエット方法の選択のヒント少しご紹介します。

体重が増えるのは、”入=出”のバランスが崩れ、”入>出”となるからと言えませんか。
となると単純に考えて、
ダイエットとは”入<出”にすればよいのです。

”入””出”とは、

”入”ーー>食事
”出”ーー>排出物(汗も含む)、消費(基礎代謝、運動消費)

です。

、”入(量)<出(量)”
”入”の食事には、山の数ほど〜方法(療法)と名のつくものがあります。
”出”の排出物は自分では制御できないもの。消費は、基礎代謝増加、運動消費など制御できるものといえます。

”入””出”いずれに注目してダイエット方法を選定してもかまいませんが、”継続”することが重要なのです。

あたりまえですか?


では、いいかえましょう!
”継続できる方法を選ぶこと”が重要なのです。

継続できる方法とはなんでしょう?
”ダイエット期間後も日常生活の習慣として継続できる方法”です。

極端な偏食(栄養のバランスが悪いもの、カロリーが少なすぎるもの)は、ダイエット期間後、食べたい!という反動にかられます。また、当然継続できる食事療法ではないので、やめれば徐々に体重も戻ります。

そこでダイエット後も習慣にできるダイエット方法を選ぶのがよいのです。

さて、
ダイエットする人は、継続できる人ですか?

違いますよね。

誘惑に弱い、意志が弱い、忍耐力のない人
ですよね、私を含めて。。。。

そうなると、当然
ダイエット期間が終わったら、すぐに緊張の糸が切れ、おいしいケーキをたべたい!ビール飲みたい!おいしいものをまた食べたい!ってなってしまうのです。

そこで食べてもいいですよといったら、うれしいですよね。

そこでもうひとつダイエット方法は”出”にポイントを置いた、

”太らない体になるダイエット方法”です。

つまり、以前と同じ食生活に戻しても太りにくい体になって鋳ればいいのです。
強い意思を継続するのは困難です。特に太ってしまう人にはその傾向があると思います。
それなら筋力をつけ体質改善することで基礎代謝増加させるのです。そうすれば

”食べても太らない体”

を実現できます!

ダイエット後、暴飲暴食は控え、腹八分目の食事を習慣づけるんです。

いかがですか?






ダイエットの成功とは。。

初回にも書いたようにダイエットの目的って人それぞれです。

痩せたい、美しくなりたい、若返りたい、かっこよくなりたい、たくましくなりたい、体力をつけたい、間接痛の軽減、
成人病の予防、etc...


でもちょっと待ってください。

”なりたいだけ”でしょうか?


理想の体になったら

”維持すること”

がもっとも重要なことですよね。

今度のクラス会までに”5キロ減量が目標”なんてよくあること。
でも、これがそもそも、間違いです。
瞬間風速で何キロを切ったところで後でリバウンドしたらまったく意味はありません。

減量効果と引き換えにリバウンドも約束されているようなダイエット法を選択していませんか?



ダイエットの成功は

1.目標体重(目標体脂肪率)になること。
  
2.太りにくい肉体改造をはかること。

3.ダイエット方法の一部を習慣化できること。



1は当然ですが、大事なのは2、または3を満たすことです。

2は即ち、筋肉量を増やし基礎代謝をあげること。
今までの食生活にもどっても、リバウンドしない体づくりです。

3は栄養の偏りがない食生活と、腹八分目、規則正しい食事時間、適度な運動、を習慣化することです。



ダイエット方法の評価のダイエットの成功は、

”理想的な体の状態を如何に長く維持できたか”

です


2と3はいずれか1つでいいのです。理想は両方ですけどね。。。ね。

2と3ってダイエット後の習慣なのでダイエット方法は関係ないと思われますか?

そこは違うんですです。

2はダイエットの結果、体重減と同時に筋肉増強が必須となります。筋肉を増やすと基礎代謝があがり、食べても太らない体になるんです。基礎代謝が1500kcalの人と1100kcalの人では1日に400kcal余分に食べれます。偏食や食料の極端な食事制限で体重を減らした場合、ひどい場合は減った体重の半分が筋肉だったりします。そうなると、また今までの食生活にもどればリバウンドは約束されています。たくさん食べてもりバウンドしない体にしたくないですか?


3は偏食や食料の極端な食事制限、薬による減量などダイエット後も続けられますか?制限をとったら、必要以上に食べたくなりませんか?できればダイエット法の一部が習慣化できることが理想です。


おいしいものをたくさん食べたい時、ダイエットが終わってもありますよね。

その時はたくさん食べればよいのです

それをができる体づくりがダイエットの成功です!

(暴飲暴食を続けなければリバウンドのない体づくりも夢ではあ

りませんよ)

ダイエットのごくい?

本日より、 ”ダイエット精神” 


ブログ開催します!




飽食の時代、ダイエットを意識して生活している人が多いと思います



目的は人それぞれ。

女性であれば、より美しくより若くありたい!

男性であれば、かっこよくありたい、体力をつけたい!

中高年になると成人病、メタボリック症候群など


健康面での維持や予防。



そこでダイエットを実践するわけですが、


さて皆さん!

効果でていますか?

挫折していませんか?

リバインドで苦しんでませんか?



このブログではダイエットを継続する上での

ごくい = ダイエット精神

を伝授したいと思います。

挫折しそうな時、対処方法、考え方を駆使して如何に思いとどまれるかが勝負です。
ダイエットの失敗の原因、得てしてダイエット法の問題でなく、継続できなかったことなのです。


当ブログ”ダイエット精神”

お楽しみに!!  手(チョキ)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。