不可解な体脂肪率の動き

ダイエットは体重と体脂肪率をさげることに置き換えることができます。
私が最近知人と取り組んでいるダイエットレースは
この2つに数値目標を決め、達成することをめざします。

やっかいなのは体脂肪率。
1日違えば1,2%はぶれますし、同じ日でも計る時間帯によって同じぐらいぶれます。
悩ましいですね。


お手数ですが、
3回
ランキング投票をお願いしまーす。---> 

1回ー>
にほんブログ村 ダイエットブログへ 
2回ー>
banner2.gif <=人気blogランキング。投票してね!
3回ー>
ブログ検索☆BITZ 


1日でいうと、
朝は高めで夕方は低めです

理由は体脂肪計の計測の仕組みにあるようです。

体に軽い電機を流し、電流を通しやすい水分と筋肉、電流を通しにくい脂肪の性質から
はかるようです。

活動していない就寝中は、水分は体の中心に集まり
起きている間は、水分は体全体に広がるので、
足裏から電気を流してはかる体脂肪率の計測方法では、
水が足裏には不足している起床直後は高めに出るそうです。

一番正確な計測時間帯は就寝前の時間だそうです。

その時間に計れなくても計る時間帯を常に同じにすることで日ごとの相対比較はできるので

それでも十分と思います。

そうなると、ダイエットレースのように絶対値で目標を決める場合、気をつけなければいけませんね。


たとえば判定する時間がお昼前だとしたら、

夜に計っている場合は昼より数%低めににでますから
要注意ですね。

あらかじめ夜と昼の差を知っておくほうがよいですね。

私の場合、その差は2%弱です。


こんなもの、見つけました。
ご参考まで。。。
----->テレビショッピングで話題のダイエットコーヒー!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47148923

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。